介護福祉ガイド



医師法、医療保障制度、インター・グループワーク、MRI、MDS−HC方式...


医師法とは?

医師法というのは、医師の資格、業務、権利、義務、罰則などを定めた法律のことをいいます。

医師法では、医師国家試験に合格したものを医師とし、医師による医師の名称を用いた医業独占を規定しています。またその義務として、次のように規定しています。

■診療義務 ■診断書や処方せんの交付義務
■保健指導の義務 ■無診察治療の禁止...など

医療保障制度とは?

医療保障制度というのは、国が国民の健康の保持や増進を図るため、次のような公的施策を行っていくことをいいます。

■一般公共保健サービス ■医療保険 ■老人保健
■医療扶助 ■公衆衛生関係法や社会福祉関係法などによる公費負担医療...など

インター・グループワークとは?

インター・グループワークというのは、地域組織化活動のための技術の1つのことをいいます。

具体的には、地域社会は、団体、組織、機関などのグループの相互作用によって構成されているととらえ、グループ間の関係を調整し、地域問題を解決していくというものです。

MRIとは?

MRIというのは、核磁気共鳴断層撮影装置のことをいいます。MRIは、X線を使用しないので、人体への影響を少なくして、あらゆる角度の断面像を見ることができます。

MDS−HC方式とは?

MDS−HC方式というのは、アセスメント方式の1つです。MDS−HC方式は、アメリカで開発されたMDS、RAPs がベースになっています。世界の研究者たちが委員会を設立し、MDS−HC、CAPs が開発されました。

MDS−HC方式の特徴は?

MDS−HC方式の特徴としては、問題に応じて期間を区切って観察する、幅広い項目について体系的・客観的に評価を行えるなどがあげられます。

MDS−HC方式の仕組みは?

MDS−HC方式の仕組みは、アセスメント表のチェックを領域選定表によって、該当する問題領域を抽出して検討していくというものです。


スポンサーリンク

医師法、医療保障制度、インター・グループワーク、MRI、MDS−HC方式...
嚥下障害、上乗せサービス、援助目的、介助用標準型車いす...
階段昇降機、拡大鏡、仮性失禁、喀血(かっけつ)...
拒食、拒絶症、公営住宅、後見、傾聴、拘縮
向精神薬、後期高齢者、公的年金制度、行動障害、高齢化社会...
高齢者サービス総合調整推進会議、高齢者生活福祉センター、在宅ホスピス...
作業療法、作話、差し込み便器、坐薬...
ジェノグラム、残存能力、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、自己覚知...
支給限度基準額、児童厚生施設、児童養護施設、社会的不利...
社会保険診療報酬支払基金、社会保険制度、社会保障制度...

Copyright (C) 2008-2012 介護福祉ガイド All Rights Reserved