早期療養、精神障害者福祉ホームヘルプ制度、喪失期、尊厳死...

早期療養とはどのようなものですか?@

早期療養というのは、
明白な発達遅滞や歪み、障害の臨床状態を示してから診断し、

 

治療や療育を開始するのではなく、
障害の早期診断により適切な療育に結び付け、
医学的・教育的・福祉的支援を行うことをいいます。

早期療養とはどのようなものですか?A

この早期療養は、
本人の発達支援だけでなく、

 

適正な母子関係づくりや
2次障害および重度化の防止に役立ちます。

精神障害者福祉ホームヘルプ制度とはどのようなものですか?

1999年の精神保健福祉法の改正に基づいて、
精神障害者へのホームヘルプサービス
(精神障害者居宅介護等事業)が
2002年4月より開始されました。

喪失期とはどのようなものですか?

喪失期というのは、いわゆる老年期のことです。

 

この喪失期には、
次のような喪失体験を立て続けに経験することになります。

 

■健康の喪失 
■収入の喪失 
■職業の喪失 
■配偶者の喪失...など

 

スポンサーリンク

喪失体験とはどのようなものですか?

喪失体験といった場合には、一般的には、
既に獲得していたものを喪失する体験のことをいいます。

 

喪失したものが、
自己にとって重要なものであれば精神的打撃となり、

 

これをきちんと受け止められない場合には、
精神疾患の誘引となる場合もあります。

 

なお、特に高齢者の場合には、
様々な喪失体験が続く時期であり、
不安や抑うつ気分の引き金になりやすいです。

尊厳死とはどのようなものですか?

尊厳死というのは、
回復の見込めない無意識状態に陥った患者が、

 

事前に無意識状態下での延命治療を
拒否する意思表示を行っていた場合に、

 

この本人の意思を尊重して延命治療を中断し、
結果として患者が自然死に至るものをいいます。

 

なお、この尊厳死は、
積極的に死をもたらす安楽死とは区別されます。

尊厳死の司法判断は?

尊厳死は、アメリカの特定の州などでは
「自然死法」として合法化されており、

 

わが国でも1995年に
一定の要件を満たした場合には合法とされる判決が下されています。

 

スポンサーリンク