体位変換器、舌下錠、舌根沈下、大腸がん、短期記憶...

体位変換器とはどのようなものですか?

体位変換器というのは、
体位変換を行う際に用いる用具の総称です。

 

具体的には、次のようなものがあります。

 

■体位変換用クッション
・側臥位を主とした臥位において体位の保持と安定に用いるものです。

 

■体位変換用シーツ
・ベッド上に設置し、臥位での寝返りの補助機能をもつものです。

舌下錠とはどのようなものですか?

舌下錠というのは、舌の下に服用する薬のことをいいます。

 

具体的には、唾液で溶解した薬物成分を
口腔粘膜から速やかに吸収させ、
即効性の薬効発揮させるものです。

舌根沈下とはどのようなものですか?

舌根沈下というのは、意識低下時に、
舌を支持する筋肉が弛緩し、
舌根部が下方に後退することをいいます。

 

なお、上気道閉塞を起こし窒息の危険もありますので、
直ちに気道確保を行う必要があります。

大腸がんとはどのようなものですか?

大腸がんというのは、
大腸に発生するがんであり、S状結腸に好発するもので、
好発年齢は50〜70歳とされています。

 

なお、大腸がんは、肝臓に移転することが多いです。

 

スポンサーリンク

大腸がんの発生数は?

大腸がんは、
がんの中でもその発生数が増加しています。

 

日本では、従来上行結腸がんが多かったのですが、

 

近年では、
S状結腸がんが増加し全体の半数近くを占めています。

大腸がんの症状は?

大腸がんの症状としては、
下痢と便秘を繰り返したり、腹痛・血便・貧血などを示します。

短期記憶とはどのようなものですか?

短期記憶というのは、記銘後、
数秒から数分以内であれば想起できる記憶のことをいいます。

 

なお、短期記憶のうち
長期記憶に移行しないものは記憶から抹消されます。

短期記憶と記憶の多段階理論

記憶の多段階理論というのは次のようなものです。

 

■感覚記憶 
■短期記憶 
■長期記憶

 

そして、短期記憶は、
この多段階理論における第二段階にあたります。

 

スポンサーリンク