高齢者サービス総合調整推進会議、高齢者生活福祉センター、在宅ホスピス...

高齢者サービス総合調整推進会議とはどのようなものですか?

高齢者サービス総合調整推進会議というのは、
都道府県・指定都市に設置されているものです。

 

ここでは、高齢者に対する
保健・医療・福祉関係部局間の情報交換、
高齢者サービス総合調整のための企画、立案を行います。

 

また、市町村や保健所、福祉事務所などへの助言・指導を行います。

高齢者サービス調整チームとはどのようなものですか?

高齢者サービス調整チームというのは、
在宅の要介護高齢者等の具体的ケースに応じた、

 

サービス・ネットワークの形成、
ケアマネジメントを目指したものです。

 

なお、この高齢者サービス調整チームは、
保健・医療・福祉などの各種サービスを

 

総合的に調整・推進することを目的として、
市町村に設置されています。

高齢者生活福祉センターとはどのようなものですか?

高齢者生活福祉センターというのは、
老人デイサービスセンターなどに居住部分を合わせ整備した
小規模多機能施設のことをいいます。

 

この高齢者生活福祉センターでは、
次のような機能を総合的に提供します。

 

■介護支援機能 
■居住機能 
■交流機能

 

スポンサーリンク

コノプカの14原則とはどのようなものですか?

コノプカの14原則というのは、
グループワーク研究者であるG.コノプカにより提唱された
グループワークにおける次の14の基本原則のことをいいます。

 

■集団内における個人の個別化 
■集団そのものの原則 
■受容
■援助者と利用者との間の意図的な援助関係 
■集団間の協力関係の促進
■必要に応じたグループ過程の変更 
■利用者の能力に応じた参加
■問題行動過程への利用者自身の取り組み 
■葛藤解決の経験
■新しいさまざまな経験の機会 
■制限の使用 
■意図的プログラムの活用
■継続的評価 
■援助者の自己活用

在宅ホスピスとはどのようなものですか?

在宅ホスピスというのは、
ホスピスと同じようなターミナルケアを、在宅で行うものです。

 

具体的には、終末期にある患者が
人生の最後の時間を自分の家で過ごしたいと希望する場合に、

 

その意志と自己決定を尊重し、
可能な限り在宅で生活することを主要な眼目とする治療を行います。

 

この在宅ホスピスには、家族の十分な理解と協力や、
医療側の十分なバックアップ体制が必須となります。

在宅ホスピスが目指しているものは?

基本的に、延命治療は行わず、
痛みの除去を中心として患者の生活の質を
少しでも高めることが目指されます。

 

スポンサーリンク