生涯発達、職親委託制度、職業リハビリテーション、助産施設...

生涯発達とはどのようなものですか?@

生涯発達というのは、
人の一生を

 

その時々の年代に相応しい成長を遂げるものとして
連続的にとらえ、

 

生涯を一連の人間発達のプロセスとして
とらえる考え方のことをいいます。

生涯発達とはどのようなものですか?A

具体的には、かつて、
もっぱら老衰・老化などマイナスイメージでとらえていた
中年以降の時期、特に高齢期を、

 

そこにおける個人の様々な領域での発達という側面から、
青年期での成長・発達との連続性において
積極的にとらえなおしたものです。

 

ちなみに、今日、高齢者をとらえる際に
不可欠の重要な視点となっています。

職親委託制度とはどのようなものですか?

職親委託制度というのは、
知的障害者福祉法に基づいて、

 

知的障害者の更生援護に熱意のある事業経営者などが、
援護の実施者から職業訓練や生活指導の委託を受け、

 

知的障害者を自己の元に預かり、
あるいは自己の元に通わせて保護し、

 

その者の自立更生を図るために
指導訓練などを行う制度のことをいいます。

 

なお、精神障害者社会適応訓練も職親と呼ばれます。

 

スポンサーリンク

職業リハビリテーションとはどのようなものですか?

職業リハビリテーションというのは、
障害者が社会復帰する中で、
適正や能力、職業相談を通じて選定された

 

職業の必要な訓練を行い、
社会的自立を図ることをいいます。

助産施設とはどのようなものですか?

助産施設というのは、
児童福祉法に基づいて設置される児童福祉施設の1つです。

 

この助産施設の目的は、
妊産婦が経済的理由によって、
入院助産を受けることができない場合に、
その妊産婦を受け入れ助産を提供することにあります。

助産師とはどのようなものですか?

助産師というのは、
厚生労働大臣の免許を受けて、
助産、妊婦や褥婦(出産後の女性)、

 

さらに新生児の保健指導などを
業とする者のことをいいます。

 

スポンサーリンク