初老期うつ病、初老期認知症、自律神経系、シルバーカー、シルバーサービス振興会...

初老期うつ病とはどのようなものですか?

初老期うつ病というのは、
50〜60歳のいわゆる初老期に発症するうつ病のことをいいます。

 

初老期うつ病では、
不安・焦燥感が強く現れ、心気的な訴えも多いです。

初老期うつ病の特徴は?

初老期うつ病は、
他の内因的うつ病と比較して長期の経過をたどります。

 

また、病前性格は粘着器質が多いとされます。

 

なお、初老期うつ病が、
他のうつ病とは独立した疾病であるかどうかの
定説は確立していません。

初老期認知症とはどのようなものですか?

初老期認知症というのは、
50〜60歳のいわゆる初老期に

 

アルツハイマー病や脳血管障害・ピック病などにより起こる
認知症のことをいいます。

 

また、かつて、老年痴呆と呼ばれていたものは、
病理組織学的には、アルツハイマー病と同一とされ、

 

両者をあわせてアルツハイマー型認知症と呼びますが、
このうち65歳未満で発症するものを
アルツハイマー型認知症の早発型と呼ぶこともあります。

 

スポンサーリンク

自律神経系とはどのようなものですか?

自律神経系というのは、
生体にとり最も基本的な次のような自律機能を支配し、
調節をする神経系のことをいいます。

 

■呼吸 
■循環 
■代謝 
■消化 
■分泌 
■排泄 
■体温維持 
■生殖...など

シルバーカーとはどのようなものですか?

シルバーカーというのは、
日本特有のもので、フレームの下端に車輪がついていて、
さらに腰掛けるいすのついた歩行補助具のことをいいます。

 

このシルバーカーには、次のようなタイプのものがあります。

 

■かごがついているタイプ
■折りたたみが可能なタイプ

シルバーサービス振興会とはどのようなものですか?

シルバーサービス振興会というのは、
シルバーサービスを行おうとする民間事業者を中心にして設立された
社団法人のことです。

 

このシルバーサービス振興会では、
1988年5月に倫理綱領を策定し、

 

一定のシルバーサービスについて
遵守すべき具体的な基準を定めました。

 

なお、1989年からは
シルバーサービス制度の運営を行っています。

 

スポンサーリンク