肺気腫、ハートビル法、敗血症、バイステック、ハートビル法

肺気腫とはどのようなものですか?

肺気腫というのは、
慢性閉塞性肺疾患の1つであり、

 

呼吸細気管支から
末梢の肺胞腔の内腔が異常に拡大する病変のことをいいます。

 

この肺気腫は、何らかの原因で、
肺胞腔が拡張あるいは破壊されることによって生じます。

 

なお、ガス交換ができないことから
呼吸困難の症状を示し、他に咳、喀痰もみられます。

ハートビル法とはどのようなものですか?

ハートビル法というのは、
高齢者や身体障害者等が円滑に利用できる
特定建築物の建築の促進に関する法律です。

敗血症とはどのようなものですか?

敗血症というのは、
血液中に侵入した細菌などによる感染症により、
重篤な全身症状を呈するものをいいます。

 

なお、病巣が循環器系にある場合には、
敗血症になりやすいです。

 

スポンサーリンク

敗血症の症状は?

敗血症は、
高熱・関節痛・四肢痛などの症状を呈し、
重症化すると意識障害を生じます。

 

なお、敗血症は、
免疫機能の低下した状態で発生しやすく、
抗生物質投与などの治療を行いますが、
多臓器不全やショックで死亡することもあります。

バイステックの7つの原則とはどのようなものですか?

バイステックの7つの原則というのは、
アメリカの社会福祉学研究者であるF.P.バイステックがあげた
個別援助における7つの原則のことをいいます。

 

具体的には、次の7つをあげています。

 

■個別化 
■意図的な感情表現 
■統制された情緒的関与 
■受容
■非審判的態度 
■自己決定 
■秘密保持

バイタルサインとはどのようなものですか?

バイタルサインというのは、
「生命徴候」とか「生命兆候」ともいいますが、

 

これは、
生体が生きている状態を示す指標のことをいいます。

 

具体的には、次のようなものが主要な指標とされます。

 

■体温 
■血圧 
■脈拍 
■呼吸...など

 

スポンサーリンク