非審判的態度、必要即応の原則、ピック病、被保険者、被用者年金制度...

非審判的態度とはどのようなものですか?

非審判的態度というのは、
バイステックの7原則の1つです。

 

具体的には、利用者や家族の行動や考え方を、
援助者の価値観や主観などから評価することや、
意見を言わないことです。

 

なお、この非審判的態度は、
信頼関係の形成において非常に重要になってきます。

必要即応の原則とはどのようなものですか?

必要即応の原則というのは、
生活保護法第9条に示される4原則の1つをいいます。

 

なお、保護は、要保護者の年齢や性別など、
その個人あるいは世帯の必要の相違を考慮し、
有効にそして適切に行うものとしています。

ピック病とはどのようなものですか?

ピック病というのは、
脳器質性障害による初老期認知症の1つです。

 

具体的には、脳葉の萎縮、神経細胞の変性・消失などによって、
次のような障害が現れます。

 

■認知障害 
■判断力障害 
■言語障害 
■感情障害 
■人格障害や行動異常...など

 

なお、ピック病は、50歳代に好発し、
進行性で数年から十数年で死に至ります。

 

スポンサーリンク

被保険者とはどのようなものですか?

被保険者というのは、
一般的には、保険制度の加入者で、

 

対象となる保険事故が発生した場合に
損害の補填を受ける者のことをいいます。

被用者年金制度とはどのようなものですか?

被用者年金制度というのは、
企業や官庁に雇用されているものに適用される
年金保険制度のことをいいます。

 

具体的には、
厚生年金制度や共済年金などが該当します。

病因とはどのようなものですか?

病因というのは、医療法において定められた、
ベッド数20以上の医療施設のことをいいます。

 

なお、病因では、
適正医療を実施するため、
医師などの人員配置と施設基準が規定されています。

病原体とはどのようなものですか?

病原体というのは、
寄生虫・細菌・ウイルスなど生体内に侵入して
病変を起こすものをいいます。

 

スポンサーリンク